こどもはやがて大人になる~発達障害のこと


当たり前のことですが、

人はみんなそれぞれ違います。


「こういうとこあるよね」というのは特性で、

その強い弱いやバランスも人によって違います。

この特性(個性)が「とても強い」と、

簡単には分かり合えない部分があるので、

「なんかちょっと・・・(アノヒトヘン…ワタシトハアワナイ…) 」

となることがありますね。


とても強い個性を持った子どもは(もちろん大人も)、

周りの理解や細かな工夫・助けを必要とするので、

それをわかりやすい「個性」として説明しようとしたのが、

「発達障害」という名称だと考えてもいいかもしれません。

ですので、

発達障害は特別なものでなく、

特性のひとつひとつは私たちも持ち合わせているものです。

ただ、その度合いがとても強かったり、いくつも集まったり、ほかとのバランスが偏っていたりするので、

その子が、不安なく明るい気持ちで毎日を過ごすために、周りの理解や工夫が必要なのですね。


子どもは成長して、大人になります。

できるだけ小さいうちに周りの大人が特性を見つけ、理解し、

具体的な手立てを取ってあげたいものです。

そして、

子ども本人も大きくなっていくずつ、

特性を知って受け入れていくことが大切だと思うのです。


幼い頃に、自分の特性をからかわれたり、否定された経験をすると、

「自分はダメなんだ」と思い込むようになったり、

大人になってからもマイナスの影響を持ち続けがちです。

「自分にはこういうところがある」「こうやって対応すればいい」

ということを自分で知っていれば、

強みにすることもできるし、前に進んでいけますね。


人より突出してるってことをプラスにいかせば、

突出している分だけ、とてつもなく素晴らしいことにつながる可能性が高まります。

強烈な個性や才能を発揮して、道を拓いたり大業を成した著名な方はたくさんいます。


自閉スペクトラム症の

「スペクトラム」は、「連続体」という意味で、

同じ自閉症の特性を持つ子どもでも、特性のあらわれ方には差があり、

それぞれ違って見えるけれど基本的なところでは連続しているという考え方だそうです。

現在はこの考え方がさらに広がり、

ADHD・LDなどの発達障害を区別するのでなく、

連続していると考える「発達障害スペクトラム」という考え方へと

発展しているのだそうです。


保育園でも、

「発達障害」という言葉を知ってから、

目の前のお子さんを理解する幅がとても広がりました。

ただ言葉の響きから、

抵抗を感じる部分も(特に保護者は)あったかもしれません。

スペクトラムという考え方は、そこから私たちを解放してくれました。


発達障害が何か特別に違っているわけではなく、

私たちみんな延長線上にいるのですから。


お子さんを(大人も)ありのまま見て、特性を見つけ、

本人が困ったり生きづらさを感じるようなことがあれば、

どういう工夫が必要かを

本人も周りも理解していけばいいのですよね 。

enfanceアンファンス ~本当のこころの声とつながって ありのままの自分で~

ひとからどう思われるか気になる 本音が言えずつい頑張ってしまう わかってもらえない・・・・ そんな思いをひとりで抱え込んでいませんか? enfanceアンファンスはアロマと中医学をいかしてこころと体の双方にアプローチしながら 「あなたらしい生き方」を応援します