心地よい言葉が自信につながる~潜在意識のパワー


あーしよう、こーしようと頭で考えて

いつも自分の言動を決めているつもりだけれど、

このときはたらいている顕在意識は10%にも満たない。

実は90%あまりの潜在意識が、

私たちの言動を導いている。

のですって !


「頭ではわかってるんやけど、な~んかいつもこうやっちゃうねんな~」

「なんかわからんねんけど、気が付くといつもできてるねん 」

というパターンは、

潜在意識の「おかげ」。

潜在意識は

こどものときから繰り返し刷り込まれたことや

すごく印象に残った出来事・言葉など

によってつくられていき、

大人になってからも

その人の信念や行動パターンに影響を及ぼします。


潜在意識は、

こども時代には、とてもオープンです。

目から見たものや、聞こえるものが

感じるままにダイレクトに潜在意識に入っていきます。

就学前のこどもたちは特に。

ですから、子どもたちには、

心地よい言葉をかけてあげることが

とっても 必要。

「あなたはいつも肝心なところで失敗するのよね~」

なんて何気なく言っていると、

そのままその言葉が潜在意識に入っていきますので、

本当に大事なところで不安になったり、

自信のない子になっていきます。


「あなたならできるよ」とか

「あなたは大丈夫」

といつも言ってあげていると、

子どもも「自分はだいじょうぶなんだ」 と信じられて、

いろんなことにトライできる人になるでしょう。

「自分を信じられる」

「自分は大事な存在なんだ」

「自分がありのままいることに じゅうぶんな価値がある」

と思えることが、

人として生きていくうえで

揺るぎない土台になると

私は思っています。


それは、こども時代に

繰り返しくりかえし、

親や身近な大人に言ってもらってこそ、

そう思えるようになっていきます。

ステキな言葉 とともに

「あなたはステキ」という気持ちを

こどもたちにたくさん伝えて

刷り込んであげてほしいと思います。

・・・もちろん大人にもねっ !

 

 

  そしてまずは自分から

◆enfanceアンファンス◆                     大人の自信は自分で育てる            こころのバージョンアップ法

ひとからどう思われるか気になる 自信がなくて本音が言えない つい頑張りすぎてしまう わかってもらえない・・・・ そんな思いをひとりで抱え込んでいませんか? enfanceアンファンスはアロマと中医学をいかしてこころと体の双方にアプローチしながら 「あなたらしい生き方」を応援します